Next Ballpark Meeting #2 -試合がなくても楽しめるスタジアム

EVENT

2019/12/20

ボールパークの新しいアイデアを考えるプラットフォームイベント「Next Ballpark Meeting」の第2回を開催します!
今回は「スタジアム内×非試合開催日」をテーマに、横浜スタジアムの新しい活用アイデアを考えます。横浜DeNAベイスターズや横浜スタジアムの職員と共に、普段入ることが出来ない場所を巡るスタジアムツアーを通じて、これまで気が付くことがなかった横浜スタジアムの魅力を発見しながら、新しい活用方法のアイデアをディスカッションしていきます!

ゲストには、広島のマツダスタジアムの設計に携わり、様々なスポーツ施設のコンサルティングをおこなう上林功氏を迎え、横浜スタジアムの特徴やポイントを解説や、アイデア発表時のフィードバックをしていきます。
横浜DeNAベイスターズと共に、“プロ野球球団があるまち横浜”の未来を描く「Next Ballpark Meeting」にぜひご参加ください!

Next Ballpark Meeting #2 –試合がなくても楽しめるスタジアム 概要

開催日時

2019年1月26日(日) 13:00開始(12:30開場)

開催場所

CREATIVE SPORTS LAB
横浜市中区日本大通34 THE BAYS 2F

イベント開催時間

12:30 受付開始
13:00 Next BallParkについて説明
13:30 スタジアムツアー、アイデアディスカッション
15:30 アイデア発表、フィードバック

参加費

一般:3,000円(税込み・ソフトドリンク付)
学生:2,000円(税込み・ソフトドリンク付)
CSL会員:無料(優先枠有)

参加資格

どなたでもご参加いただけます。
スポーツビジネスに興味のある方、スタジアム等の運営に関わりのある方や街づくりに興味のある方のご参加お待ちしております!

トークセッションゲスト・プロフィール

上林 功|うえばやし いさお

1978年11月生、神戸市出身。博士(スポーツ科学)。追手門学院大学社会学部スポーツ文化コース准教授。株式会社スポーツファシリティ研究所代表取締役。
建築設計事務所にて尼崎スポーツの森、広島市民球場(マツダスタジアム)などスポーツ施設を担当。2014年に独立、スポーツ施設に関するコンサルティングをおこなう。主な研究「スポーツ消費者行動とスタジアム観客席の構造」「スポーツファシリティマネジメント」。早稲田大学スポーツビジネス研究所招聘研究員、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究所リサーチャー、日本政策投資銀行スマート・べニュー研究会委員。(一社)超人スポーツ協会事務局次長、(一社)運動会協会理事。スポーツ庁、経済産業省各委員。

申込方法

Peatixよりお申込みください。申込みは、12月21日(土)15:00より開始いたします。

定員(40名)になり次第、申込みを終了させていただきます

備 考

  • イベント参加の写真・映像が球団公式制作物等に使用される場合があります
  • 今回のイベントで出た発言やアイデアは球団公式ホームページやメディアなどを通じて広く紹介させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください

注意事項

  • 当日は天候等の影響によりイベント内容を変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください

「THE BAYS」施設概要

施設名 THE BAYS(ザ・ベイス)
フロア概要
  • 地下1階:ACTIVE STYLE CLUB
  • 1階:Boulevard Cafe「&9」・Lifestyle Shop「+B」
  • 2階:CREATIVE SPORTS LAB
  • 3階:ミーティングルーム・多目的スタジオ
  • 4階:横浜DeNAベイスターズ オフィス

※「THE BAYS」外観写真

関連情報