前のページに戻る

横浜DeNAベイスターズのシーズンスローガンはこれまで、新球団1年目の2012年は『熱いぜ!横浜DeNA』、2013年は『勝』(読み:かつ)、2014年は『心』(読み:こころ)、2015年は『導』(読み:みちびく)、2016年は『WE PLAY TO WIN』 (読み:ウィー・プレイ・トゥ・ウィン)、2017年は『THIS IS MY ERA.』(読み:ディス・イズ・マイ・エラ)、2018年は『VICTORY is within US.』(読み:ビクトリー・イズ・ウィズイン・アス)、2019年は『Go Beyond the Limit.』(日本語訳:限界を超えろ)、2020年は『NEW GENERATION IS HERE.』(日本語訳:新しい世代は、もうすでにここにある。)という言葉を通して、選手・チームスタッフ・球団職員が一丸となってシーズンを戦い抜く姿勢を表すために掲げてきました。

『横浜一心』は、選手やコーチだけでなく、ファンのみなさま、スタッフ、横浜の街すべてが結束し、ひとつのチームとなって日本一を目指していくという思いをもとに、2021年シーズンより指揮を執る三浦大輔監督自ら考えたシーズンスローガンです。
2021年シーズンは、ファンのみなさま、そして横浜の街にサポートをいただきながら、シーズンスローガン『横浜一心』を胸に1戦1戦を戦ってまいります。