ホームユニフォーム

ホームユニフォーム

コンセプトは「継承と革新」

新ユニホームのデザインコンセプトは、チームロゴ、プライマリーマークと同様に、「継承と革新」。
「ワクワク感」、「強さ・かっこ良さ」等、ファンの皆様が球団に期待する要素を加味して、デザインしています。
ホームユニホームは、上下とも1998年の優勝をはじめとする黄金時代を彷彿とさせる縦縞を採用。
胸にはチームロゴを据え、右肩のプライマリーマークと合わせて、チームブランドを前面に力強くデザインしています。
また、脇下、袖口、首回りに入った「横浜ブルー」のラインが特徴的にデザインされ、縦縞の伝統を継承する中にも革新的なイメージを表現しています。

さらに、ユニフォームのシャツの首元の裏には、選手自身が大事にしているスローガンや目標を言葉にした『Personal slogan』も。
背番号だけではない、選手個々の個性をユニフォームにも反映しています。
ユニフォームの外側は同じデザインを共有し、内側には個々人の熱い想いをたぎらせる。
この2つが揃って、横浜DeNAベイスターズが戦うためのユニフォームが完成しています。

ビジターユニフォーム

ビジターユニフォーム

コンセプトは「より青く、より強く。」

球団のメインカラーである「横浜ブルー」を中心に、港町・横浜の海のように鮮やかな4種類の青色を使い、全て青色で構成。
さらに、上部へ大きく拡がる「ストライプ」の動きを加えることで、選手の力強さを引き立て、無限に広がる可能性を表現しました。
2016年シーズンより着用してきたビジターユニフォームから取り入れられた、「横浜に根づき、横浜と共に歩む」という想いを胸に刻む「YOKOHAMA」のディティールを継承。新生ベイスターズの力強い未来を象徴するデザインとなっています。