地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

2013年12月29日(日)決勝トーナメント 準決勝
読売ジャイアンツジュニア 対 横浜DeNAベイスターズジュニア

読売ジュニア - 横浜DeNAジュニア(札幌ドーム)

  1 2 3 4 5 6 R
横浜DeNA横浜DeNAジュニア  0 0 0 0 3 0 3
巨人読売ジュニア 0 3 0 0 2 3 8

[バッテリー]
横浜DeNAジュニア:高安、鵜沢、藤林、武田 - 小関
読売ジュニア:鈴木、門岡 - 竹内

[試合リポート]

決勝進出をかけての相手は、昨年度優勝チームのジャイアンツジュニア。
共に予選リーグを負けなしで突破してきたチーム同士の対戦となりました。

試合が動いたのは2回裏、ジャイアンツジュニアの攻撃。
連続四死球でノーアウト1、2塁とし、2本の2塁打で一気に3点を先制。
序盤に3点のビハインドを負ったDeNAベイスターズジュニアは5回、2死2塁から、鵜沢、似内、徳田の3者連続タイムリーで3点を返し同点に追いつきます。

しかしその後、5回より登板した藤林が2点を奪われると、さらに6回には3点を奪われ3-8。
ここで大会規定の試合時間を超過したため試合終了。

予選リーグから、素晴らしい試合を戦ってきたDeNAベイスターズジュニアはここで決勝トーナメント敗退となってしまいました。

横浜DeNAベイスターズジュニアは悲願の初優勝とはなりませんでしたが、見事3位入賞。
その堂々たる戦いぶりは大会に旋風を巻き起こしました。


救援登板で見事0点に抑えた鵜沢悠生選手


がっちりブロックしホームを守った小関一輝選手


同点への口火を切った高橋壯選手のヒット


2安打を放った徳田辰吉選手


好プレーを見せたサード・高橋建心選手


センター守備でナイスプレーを見せた似内翔選手


3位入賞メダルとともに、最後の集合写真

DeNAベイスターズジュニア奮闘の様子は、横浜DeNAベイスターズ公式Facebookページでもご覧いただけます!
横浜DeNAベイスターズ公式Facebookページ