地域貢献活動

トップページへ戻る

地域貢献活動

横浜DeNAベイスターズの地域貢献活動方針

横浜DeNAベイスターズは、神奈川県のプロ野球チームとして、より一層、より多くの神奈川の皆様に愛される球団を目指し、

“FEEL” BASEBALL
“TOUCH” BASEBALL
“PLAY” BASEBALL

の機会の提供を通じて、
神奈川の『地域の子どもの未来』と『野球の未来』に貢献し続けます。

横浜DeNAベイスターズ球団 一同

“FEEL”, “TOUCH”, “PLAY” BASEBALLの具体例

FEEL BASEBALL

神奈川県こどもデー
神奈川県内の各自治体の協力のもと、横浜DeNAベイスターズ公式戦において「神奈川県こどもデー」(神奈川県内の小中学生をプロ野球観戦に招待)を実施し、プロ野球の迫力あるプレーとプロ野球ライブ・エンターテインメントを「目と心で感じられる」機会を提供しています。

「星に願いを」プロジェクト

横浜DeNAベイスターズ選手会主催で、横浜DeNAベイスターズのプロ野球選手が横浜市内の小学校を訪問し、「星に願いを」プロジェクトとして訪問授業を実施しています。
選手と児童が夢について語り合い、夢を体現した選手との対話を通じて、児童に夢を持つことの大切さを実感してもらうことを目的としています。

TOUCH BASEBALL

やきゅうみらいアクション

子どもたちに野球をする楽しさを感じていただくとともに、野球競技人口の増加に向けた新たな野球振興プロジェクトです。
幼稚園・小学校訪問回数の増加や、未就学児を対象としたTボール大会の開催を通じて、野球の未来へ行動を起こします。

野球ふれあいファミリーイベント

ファミリーに、親子が一緒になってキャッチボールやバッティング、ストラックアウト等の「野球遊び」を通じて、家族のコミュニケーションを深めながら家族で野球を楽しんでもらうことを目的としたイベントを実施しています。

PLAY BASEBALL

野球教室

横浜DeNAベイスターズの現役選手や選手OBを講師として、神奈川県内の小中学生を対象に野球教室を開催しています。
プロの目線から「野球をする楽しさ」や「スポーツマンシップの大切さ」を再認識してもらいながら、準備運動、ベースランニング、キャッチボール、ポジション別守備練習、バッティング練習等、プロやプロOBが本格的な野球指導を実施しています。

キッズベースボールフェスティバル

2012年からスタートしたキッズベースボールフェスティバルですが、メイン会場の横浜スタジアムと、横浜市内の小学校校庭を中心とした複数のサテライト会場にて、合計3,000名以上の小学生に、約60名の球団選手が講師となり指導する、球界最大規模の野球教室です。

横浜DeNAベイスターズジュニアチーム

毎年12月末に開催される「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場するために結成される期間限定のチームです。
横浜DeNAベイスターズでは、神奈川県内・外の小学校6年生の男女を対象に7月から8月にかけてセレクションを実施し、メンバーを選出しています。

DeNAベイスターズカップ

“野球王国”と呼ばれる神奈川県に本拠地を構えるプロ野球チームとして、この大会がプロを目指す野球少年たちの登竜門的存在となり、この大会を通じて野球文化がさらに発展し、「地域の子どもの未来」、「野球の未来」に貢献することを目指します。

神奈川県野球交流戦

日本野球界初のプロ野球・社会人野球・大学野球による、プロ・アマの垣根を越えた交流戦を実現することができました。
神奈川県において野球がより多くの方々の生活における共通の楽しみとして、世代をこえて未来に根付き続けていき、野球文化の更なる発展につながることを目指します。