エンターテインメント

トップページへ戻る

広報部リポート

2012/06/13今日のヒーロー!

今日のヒーローは、この人、中村紀洋選手!

京セラドーム大阪は、かつてノリさんが近鉄時代にホームグラウンドとしていた球場。
ノリさんが「自分を育ててくれた球場」と話すここでの一発は、2006年のオリックス在籍時以来、6年ぶりとなりました。
それだけにホームランを放った後、ベンチ裏に戻ってくるときには、バットを下から上に振り上げるようなポーズを見せ、「かち上げ~」と興奮状態で絶叫しつつ、これ以上ないというくらいの笑顔を見せてくれました。

今年、開幕から好調を維持するノリさん。
その秘訣を「若い選手が多いから、手本を示す気持ちでやっている。格好悪い姿勢は見せられない」と話し、若い選手の成長を期待します。
しかし、若かりし頃に庭としていた広いドームでの一発は、ノリさんにもう一度、ホームランバッターとしての自信を取り戻させたようです。


「忘れていたこの雰囲気と、『まだ飛ばせるんだ』ということを思い出させてくれた」。


来月には39歳になる大ベテラン。
まだまだ若い者には負けません。

写真や全文はモバイルサイトでご覧いただけます。

モバイルサイト

モバイルサイトについて詳しくはこちら

最近の記事