STAY POSITIVE-今こそ前を向いて-

chapter 7

2020/5/16

新型しんがたコロナウイルスの影響えいきょうがまだかなくて、みんなにとっても、大変たいへん状況じょうきょうつづいているとおもいます。

ぼくも、これまできてきたなかで、大変たいへんだなってかんじることはたくさんありました。

 たとえば、高校こうこうから大学だいがく進学しんがくしたとき。野球部やきゅうぶ練習れんしゅう参加さんかしてみると、先輩せんぱいたちのレベルが、ものすごくたかかった。

 プロ野球やきゅうはいったときも、おなじです。大学だいがくのときより、レベルがぐっとがりました。

選手せんしゅたちの技術ぎじゅつ意識いしきたかさにびっくりしたし、「こういうきびしい世界せかいのこっていかなくちゃいけないんだ」と、気持きもちをきしめたことをおぼえています。

ぼくがベイスターズに入団にゅうだんして、今年ことしで5年目ねんめです。

 まだまだ成長せいちょうしなければいけないけど、まわりの選手せんしゅたちに必死ひっしらいつきながら、なんとかここまでやってこれました。

 そしていまおもうことがあります。

 レベルのたか選手せんしゅたちにかこまれて、大変たいへんだった時期じき。しんどいなあってかんじた時期じき。それは必要ひつよう時間じかんだったんだ、とおもうんです。

 なんにも大変たいへんおもいをしないで、成長せいちょうってできるのかな。自分じぶん成長せいちょうしようとおもったら、くるしかったりつらかったりするのは、たりまえのことなんじゃないかなって、ぼくおもいます。

 みんなはいま大変たいへんだとおもうけど、この時期じきえたら、きっと成長せいちょうできるよ。

大学だいがくはいって、自分じぶんちから不足ぶそくかんじたぼくは、ひたすら練習れんしゅうしました。ボールをって、げる。ひとつひとつのうごきを、とにかくかえしました。

 ずっとおなじことばかりだとあきてくるので、大学だいがくのコーチと一緒いっしょに、練習れんしゅうあそびをれることをかんがえて、ながつづけられる工夫くふうをしました。

いまのみんなは、なるべくいえにいなくちゃいけないから、できることはかぎられているよね。おなじことのかえしばかりでは、つまらないし、ながつづけられないかもしれない。そういうときは、いつもとちがうことをしてみるといいとおもう。

ぼくは、野球やきゅう練習れんしゅうだけじゃなくて、いえにいるときは体操たいそうをしたりもしています。体操たいそう選手せんしゅどものうごきって、じつはすごく参考さんこうになるんです。

野球やきゅう以外いがいのこと、スポーツ以外いがいのことにも挑戦ちょうせんすると、きっといろんなことがまなべるよ。

ぼくどもだったころ、プロ野球やきゅう選手せんしゅぼくのヒーローでした。本当ほんとうにカッコよくて、プロ野球やきゅう試合しあいたあとは、やるがわいてきました。

 そんなぼくいま、プロ野球やきゅう選手せんしゅになったからには、みんなにおなじようにかんじてほしい。みんながあこがれるヒーローになれるように、守備しゅびもバッティングもがんばります。

開幕かいまくけて、全力ぜんりょく準備じゅんびをします。

 みんなにぼくのプレーをせられるることをたのしみにしているので、みんなも、いまできることにせいいっぱいんでください。