STAY POSITIVE-今こそ前を向いて-

chapter 6

2020/5/11

 みんなは、毎日まいにちをどうごしていますか。

 できるだけ外出がいしゅつしないようにしているのは、大人おとなおなじ。ぼくも、ほとんどいえ球場きゅうじょうだけです。なかなかわりがえないけど、もうすこしがんばりましょう。

ぼく大学だいがく2年生ねんせいだったころ、ケガもあって、試合しあいない時期じきがありました。かん客席きゃくせきから仲間なかま応援おうえんをしていました。

 それまでのぼくは、「自分じぶんがやってやるんだ!」という気持きもちがつよ選手せんしゅでした。いまになっておもうと、まわりがえていなかったのかもしれません。

かん客席きゃくせきから応援おうえんをする立場たちばになってはじめて、えてくるものがたくさんありました。いろいろなひとたちのささえがあったから、自分じぶん試合しあいられていたんだとわかりました。仲間なかまたちの代表だいひょうとして試合しあいる。その責任せきにんおもさをあらためてかんじたんです。

 プロ野球やきゅう選手せんしゅになって1年目ねんめのころも、ぼくはまだ、自分じぶん中心ちゅうしんかんがかたれていなかったみたい。自分じぶんがピッチャーとしてげた試合しあいけてしまうと、くやしさが態度たいどてしまって、先輩せんぱいから注意ちゅういされることがありました。

去年きょねんまでキャプテンだった筒香つつごう嘉智よしとも選手せんしゅには、こんなことをわれました。

 「そういう態度たいどはやめたほうがいい。チームのみんながているんだってことをわすれないように」

ぼく今年ことしで4年目ねんめだけど、いまでは、自分じぶんのこと以上いじょうにチームのことをかんがえられるようになりました。

野球やきゅうは、もちろん個人こじんちから大事だいじだけど、チーム全体ぜんたいのまとまりも大事だいじです。チームメイト全員ぜんいん相手あいてかうから、ったときのよろこびがすごくおおきくなる。

 もし、これをんでくれているひとたちのなかに、野球やきゅうなどのチームスポーツをやっているどもがいたら、いま一人ひとりかもしれないけど、このさきに、みんなと一緒いっしょにプレーできるよろこびがっていることをわすれないでください。チームみんなのためにも、いま大事だいじにしてください。

 「一人ひとりだし、つまらないな」っておもっていると、気分きぶんしずみがちになってしまうから、またみんなと一緒いっしょにスポーツをしたりあそんだりできることを想像そうぞうしながら、たのしむ気持きもちをつづけてもらえたらうれしいです。

中学生ちゅうがくせいのころ、野球部やきゅうぶ監督かんとくに「なんでもいいから、毎日まいにちつづけられることをつけなさい」とわれました。そのとき、ぼくは「腹筋ふっきん背筋はいきん腕立うでたせを毎日まいにち30かいやる」とめたんだけど、1カ月かげつくらいしかつづかなかった(笑)。ちょっと欲張よくばぎたのかもしれません。

 でも、プロ野球やきゅう選手せんしゅになったいまちいさなことのかさねがどんなに大事だいじなのか、つよかんじています。選手せんしゅたちはみんな、努力どりょくしています。だれよりもはや球場きゅうじょう練習れんしゅうはじめていたり、自分じぶんめたことを、毎日まいにちコツコツとつづけています。

 みんなも、いま、たくさんある時間じかん使つかって、なにかをはじめてみたらどうかな。腹筋ふっきん背筋はいきん腕立うでたせを10かいずつでもいい。「一日いちにちのうちの1時間じかんだけはこれをやるんだ」ってめて、メリハリをつけながら挑戦ちょうせんしてみるのがおすすめです。あたらしい習慣しゅうかんをつくるには、すごくいい機会きかいだとおもうよ。

ぼくいま、すごく調子ちょうしがよくて、プロ野球やきゅう開幕かいまくどおしいです。試合しあいができるようになったら、たとえくるしい場面ばめんでも、したかず、みんなを勇気ゆうきづけられるような姿すがたせたいとおもっています。

ぼく全力ぜんりょく投球とうきゅうを、ぜひたのしみにっていてください!