STAY POSITIVE-今こそ前を向いて-

chapter 5

2020/5/3

高校こうこう1年生ねんせいふゆぼくは、こしいためて野球やきゅうができなくなりました。部活動ぶかつどうにもられなくて、放課後ほうかごになると、りょう自分じぶん部屋へやよこになっていました。

 そんなときでも、ぼくは「いま、できることってなんだろう?」とかんがえていました。

 ベッドにゴムチューブをくくりけて、筋力きんりょくトレーニングをやってみたり。やってみると、「うでをこううごかせば、ここの筋肉きんにくがきたえられるんだな」だとか、いろいろな発見はっけんがあっておもしろかった。

からだうごかせるようになってからも、「どうすればこし負担ふたんがかからないだろう?」ってかんがえながら、練習れんしゅうするようになりました。

いま、みんなは、自由じゆうそとられない日々ひびつづいているとおもいます。

野球やきゅう練習れんしゅうができない。ともだちとあそべない。

 でも、そういうときこそ、ひと工夫くふうをするんです。「できないからつまらない」じゃなくて、「こうすればできるかも!」というふうにかんがえてみるといいよ。

 スポーツをしているどもたち。一度いちど自分じぶんがやっている競技きょうぎからはなれることは、けっしてわるいことばかりではないとおもいます。自分じぶん興味きょうみがないってめつけないで、いろいろなものにけてみたらどうだろう。もとどおりの生活せいかつもどってきたときのために、「どんな練習れんしゅうをするのがいいかな」って、いまのうちにかんがえておくこともできるよね。

ぼく高校生こうこうせいのとき、こしいたみがなくなるまでに3カ月かげつくらいかかったけど、また野球やきゅうができるようになったときは、本当ほんとうにうれしかったし、たのしかった。

 そのたのしさをあじわえるがきっとるから、みんなも毎日まいにち工夫くふうしながらってください。

ぼくは、去年きょねんなつに、ひだりひじの手術しゅじゅつけました。

手術しゅじゅつをしてから9カ月かげつくらいちますが、いまようやくキャッチボールができるようになったところです。これから、マウンドから投球とうきゅうできるようになるための準備じゅんびはいります。

 リハビリにはすごく時間じかんがかかるし、きついなってかんじるときもあります。でも、高校生こうこうせいのころ、ケガがなおって野球やきゅうができるようになったときのたのしさをおぼえているから、がんばれます。

どもたちも、いえ一緒いっしょごしておられる保護者ほごしゃかたたちも、いま大変たいへん状況じょうきょうにあるとおもいますが、仲良なかよごしてもらえたらうれしいです。

どもがたい動画どうがを、一緒いっしょてあげて、そこで紹介しょうかいされているあそびを実際じっさいにやってみるのもおもしろいかもしれません。ひとつのことに一緒いっしょんで、いま時間じかんをめいっぱいたのしくごしてください。

ぼく一軍いちぐん試合しあいげられるようになるのは、はやくても来年らいねんのシーズンが開幕かいまくするころかな。まだまだみちのりはながいけれど、「やるしかない!もう、あとがないぞ!」と自分じぶんふるたせています。すすむしかないとおもっています。

応援おうえんをしてくださるファンのかたたちのためにも、かなら復帰ふっきして、活躍かつやくします。

ぼくしたくことなくがんばっているので、みんなもいま時間じかんたのしみながら成長せいちょうしてもらえたらうれしいです。

絶対ぜったいに、また横浜よこはまスタジアムでおいしましょう!