FOR REAL -in progress-

歓声をため息に変えてやれ
――濵口遥大、1安打完封の舞台裏

2019/4/15

優勝を目指して戦う横浜DeNAベイスターズ。その裏側では何が起こっているのか。
“in progress”=“現在進行形”の名の通り、チームの真実の姿をリアルタイムで描く、もう一つの「FOR REAL」。

 あれはきっと、渦だ。
 黒土から立ちのぼり、浜風に流れを与えられ、360度から鳴り響く黄色い声援にかき乱される。そうして甲子園に生まれる妖しい気流は、試合の終盤、一本の安打、一つの四球、一人の走者の出塁だけでいっきに加速し、回転する。

 4月9日がそうだった。
 ベイスターズは先発のルーキー、上茶谷大河が6回3失点と試合をつくり、7回には新加入の中井大介が移籍第1号のソロホームランを放つ。この一発で、8-3。リードは5点に広がった。

 その裏、タイガースのルーキー、近本光司のヒットから渦は巻き起こる。盗塁、悪送球、四球、ヒット、暴投、四球、ヒット……。一球ごとに声と鳴り物の喧騒は大きくなり、点差はみるみるうちに詰まった。
 ついに1点差にまで迫られた8回裏2アウト満塁で、早くも山﨑康晃がマウンドに送り込まれる。この危機を絶対に切り抜けてみせる――。守護神の意地を湛えたツーシームを、福留孝介はミートできない。打球は力なく、ライト方向へと上がった。

 だが、空はもう渦巻いていたのだ。
 右翼手のN.ソトは落下点に走り込み、大事に両手で捕りにいった。しかしボールは無情にもグラブから落ちる。3人の走者が帰る。黄色の波が歓喜にうごめく。

 一度ひっくり返された試合を、もう一度ひっくり返すことはできなかった。
 渦が、気流が、甲子園を支配していた。

新球種“スラッター”のたしかな手ごたえ。

 投手コーチ、三浦大輔は振り返る。

「ブルペン陣には、勢いがついた厳しい状況の中でマウンドに上がってもらった。負担をかけた、大変な思いをさせてしまったなと……。流れを止められなかった。6連戦の初戦でああいう負け方をしたのは、非常にダメージが大きかった

forreal

 2016年、9勝15敗1分。
 2017年、10勝14敗1分。
 2018年、8勝17敗。

 タイガースにはいつも苦しめられてきた。だからこそ、5点のリードを奪った時は「今年はこの初戦に快勝して、苦手意識を持つことなく戦える」そんな期待感が高まった。
 ところが一転、逆転負けで「今年もまた苦しめられるのか」そんな不安を禁じ得なかった。

 翌10日に先発予定だった濵口遥大は、甲子園のロッカーにあるモニターで一部始終を見た。E.エスコバー、三上朋也、S.パットン、山﨑康晃。みんな無傷では帰ってこられなかった。今度は自分が助ける番だ、と濵口は思う。

 登板当日、初回、糸原健斗にヒットを打たれたが、虚をつく一塁牽制で刺す。3回にも、四球で歩かせた北條史也を巧みな牽制でアウトにした。
 5回、神里和毅の先制ソロホームランで1点の援護をもらう。四球による走者を背負うものの、濵口は崩れない。

 6回を終えた時点で、1安打、4四球。球数は88。
 昨シーズンまでは時に四死球を連発して球数もかさみがちだった濵口としては、まずまず安定した投球内容と言ってよかった。
 3年目の左腕は、こう振り返る。

「たしかに、キャンプの時からフォアボールの数が少なくなっているという感触はあります。球数も、多くなるイニングはあるけど、ポンポンと抑えられる回も増えてきた。それは、スライダーがよくなったのと、ゾーン内で思いきり勝負していることが大きいのかなと思います」

forreal

 進化の大きな要因の一つ、スライダー。膨らみなく切れ込むカットボールに似た軌道から、俗に“スラッター”とも呼ばれる球種だ。昨年の春季キャンプから取り組み始めた新たな武器について「手ごたえはあります」と、濵口は自信をはっきり口にする。

「去年の7月に抹消された時、『この際だから』とファームの試合で多く使ってみたんです。そこでハマった感覚があって、曲がりもよくなったし、コントロールも安定しだした。配球の中に入ってくるようになってから、かなりピッチングは楽になりました。投球パターンが増えて、左バッターへの苦手意識がなくなってきましたし、右バッターにも内側、ひざ元を攻めることができるようになって、外のボール、落ちる球が効くようになった。そういうボールが持てたことは、ぼくとしてはかなり大きい」

8回裏2アウト満塁。最大の危機。

 6回を投げ終えた濵口に、三浦は声をかけた。

「最後まで行けよ」

 その言葉に込めた思いを、三浦が語る。

「濵口はそれだけの力を持ってますから。前日、ブルペン陣をほぼ総動員したということもある。最後まで行ってほしかったし、できると思っていました。濵口のためにも、今後のためにも」

 7回、J.ロペスのソロホームランでリードが2点に広がった時、三浦は再び濵口に熱い言葉を贈っている。

forreal

「甲子園の歓声を、ため息に変えてやれ」

 そのメッセージは、自身の現役時代の経験に基づくものだ。
 三浦は言う。

「リードしていても、ヒット一本で大ピンチのような空気になってしまう。大変な球場なんです。ぼくはそういう時、スコアボードを見るようにしていました。まだ3点、4点とリードがある。ヒットを一本打たれたぐらいで慌てることなんかない。そうやって冷静になれる自分がいた。だから濵口にもそういう話をしました。甲子園の独特の応援があるけど、抑えて、ため息の中、三塁側のベンチに戻ってくるのは気持ちがいいぞって。声援に惑わされることなく、ため息に変えてやれって」

 三浦の言葉を胸に刻んだ濵口は、8回、最大の危機を迎える。
 制球が乱れ、3つの四球で2アウト満塁。連夜の逆転劇を待望する甲子園のスタンドは沸き立った。四球が2つ続いたところでマウンドに駆け寄った三浦は、「ここが勝負どころ」と活を入れた。

 濵口が振り返る。

「自分でつくってしまったピンチでもありましたし、もうやるしかない、強気で押していくしかない、という気持ちでした。試合に入り込んでいて、めちゃくちゃ集中していた。バッターとだけ勝負している感覚。スタンドの歓声だとかは気になりませんでした

 打席には、この試合唯一の安打を放っていた糸原がいた。磨いてきたスライダーから入り、チェンジアップ、ストレートと続けて追い込む。4球目のチェンジアップを糸原が打ち上げる。
 この夜、上空に渦はない。あれはきっと、恐れる者の前だけに現れるのだ。漆黒の空から一直線に落ちた白球は、ショート大和のグラブにすっぽりと収まった。

球場を覆い尽くすため息の中を、濵口は悠然と歩いて三塁側のベンチに戻った。

forreal

一人ひとり、1イニング目の感覚で。

 8回の1イニングだけで28球を費やした。「最後まで行け」と言われてはいたものの、「今日はここまで」と肩を叩かれてもおかしくはない。

だから濵口は――逃げた。降板を伝えるスキを与えまいと、ベンチ裏へすっと身を隠したのだ。おもむろにストレッチを始め、その背中で続投の意思を示した。
 三浦は笑顔で言う。

「ぼくも監督も、次のイニングも行かせるつもりでした。それを言いにいこうとしたら、あいつ、いなくなって。代えられると思ってたんでしょうね。裏に行ってとっつかまえて、『行くぞ』って伝えました」

三浦も現役のころはよく使った手だ。交代の気配を察知すれば、即座にレガースをつけ、当たり前のように打席に向かった。あの夜の濵口は、昔の自分を見ているようでもあった。

「代えてくれってアピールされるよりはね。行かせてくださいっていうぐらいの気持ちじゃないとダメですから」

 自身初の最終回のマウンドを託されて、濵口は喜びつつ、しかし冷静だった。

「『最後まで投げさせてあげたい』という三浦さんの思いを感じられて、うれしかった。ただ、そこで最終回だってことを考えないようにしました。一人ひとり、1イニング目の感覚で、丁寧に、かつ大胆に攻める気持ちで。初めてのことだったので、脈が上がる感じはあったんですけど、変に力み過ぎないように、とにかく落ち着かせて」

 3番の糸井嘉男から始まるタイガースの中軸に、濵口は立ち向かった。すでに120球以上を投じた疲れの色はなかった。ピンチを招いた8回とは打って変わって、本人の語ったとおり、この回から試合が始まったかのように淡々とアウトを重ねた。福留のセカンドフライが捕球された瞬間を見届けた濵口は、くりっとした両目をさらに大きくして満足げに微笑み、駆け寄ってきた伊藤光の抱擁を受けた。

 ベンチに戻ると、三浦もまた濵口の体を抱き寄せた。三浦は心底うれしそうに言う。

「専任のコーチとして今年やってますけど、うれしいですね。これ、自分が完封した時よりも喜んでるんじゃないかって思うぐらい。開幕戦で今永(昇太)が勝った時もそうだし、コーチになってからの1勝って、こんなにまた違った喜びがあるんだなって感じてます」

forreal

エースは一人じゃなくてもいい。

 濵口は今年、「エースを目指す」と公言している。1安打完封は、そこに近づく大きな一歩だ。
 24歳の言葉にはおのずと熱がこもる。

「その思いはもちろん持っています。でも、正直なところ、一人じゃなくてもいいと思うんです。現時点では間違いなく今永さんがそういうポジションにいる。ぼくはそれを、ぼーっと見てるだけじゃダメで。全部が全部、今永さん任せで、一人だけそういう立場にさせてしまってはいけないし、開幕戦で今永さんが見せてくれた、先発陣として長いイニングを投げるという姿勢にぼくもついていかないといけない。いま、石田(健大)さんや東(克樹)といったピッチャーがリハビリをしながら実戦に戻ろうという状況の中で、みんなを焦らせないためにも、(一軍に)戻ってくるまでいい位置で戦っていたいと思っています。去年はぼくが迷惑をかけたわけですし、今年はぼくらががんばらないと。単に成績だけじゃなくて、そういう気持ちや取り組み方の部分でも、周りから見られているという意識を持ってやっていきます。そうやって信頼をつかみとっていきたい」

 濵口の完封勝利で、痛恨の逆転負けは帳消しになったどころか、チームは勢いづいた。翌11日には大貫晋一のプロ初勝利でタイガースに連勝。続くカープとの3連戦では、今永も1安打完封の快投を見せるなど、昨シーズンの王者を相手に勝ち越した。

 5カードで対戦相手が一巡し、9勝6敗のセ・リーグ2位。上々のスタートだ。
 甲子園の黒土の上で濵口に“ご褒美”のハグをした伊藤光はこう言ったという。

「ナイスピッチング! これはでかいぞ」

 左腕がつかんだ勝利の価値が、その一言に詰まっていた。

forreal