前のページに戻る

2019/10/8

冷たい雨が舞い落ちた夜。

刻漆黒の夜空から音もなく落ちてきた無数の雨粒が…

2019/10/5

2019/9/30

若き右腕に希望を託して。

開幕の時、春本番の暖気が待ち遠しかった。…

2019/9/23

1人しか立てないマウンドに。

辛くも逃げ切り。胴上げ阻止。横浜の意地。さあ奇跡へ。…

2019/9/16

頼もしき男たちの帰還。

7月30日、スワローズとのナイターゲームは、もう終わりに差し掛かっていた。…

2019/9/9

この一球に全力を
――2人の左腕、必勝の誓い

雷鳴の轟きとともに始まった一週間は、厳しい戦いの連続になった。…

2019/9/2

一生残る、一瞬のために。

マラソンでいえば、35km地点を越えた。先を行く…

2019/8/26

生き残りをかけて。

東京ドームに着く前から、そんな気がしていた…

2019/8/19

「決断」の一撃
――柴田竜拓と中井大介、新たな旅立ち

くるぶしのあたりに感じる引き波はきつかった。…

2019/8/12

無力さに泣いたあの日から
――真夏の彗星、伊藤裕季也

眉間に小さな切り傷のある若者が、朱色のバットをぶん回す。…

2019/8/5

悔しいから、進化する
――国吉佑樹と武藤祐太の静かな情熱

マウンドに上ると、196cmの巨躯はいっそう大きく見える。…

2019/7/29

爪痕は、残せたか
――中川虎大の44球

つかの間の夏の休日が終わろうとしていた。…

2019/7/15

A.ラミレス監督
特別インタビュー

39勝41敗2分、セ・リーグ2位タイで…

2019/7/15

馬車は走る
――投手コーチの思いを乗せて

コーチとは、もとは“馬車”を意味する言葉だ…

2019/7/14

信じて、寄り添う
――打撃コーチという仕事

打球音が絶え間なく鳴り響く練習中の…

2019/7/1

いい時も、悪い時も
――J.ロペスと"Familia"の絆

外角低めに構えた捕手のミットに…

2019/6/24

背番号14が立つべき場所は。

ファンが手を振るスタンドに…

2019/6/17

父に捧げるホームラン
――乙坂智は愛とともに

乙坂智にとって、充実感に満ちた…

2019/6/10

見よ、この雄姿を
――胸に刻む「恩」の一字

もう、見慣れたものであるはず…

2019/6/3

2019/5/27

2019/5/20

この「1勝」が、スタートライン。

5月の夜空に、三連の星が輝いた。金、土、日…

2019/5/13

試行錯誤の日々を越えて
――2019年版の宮﨑敏郎

喉が渇いていた。澄んだ水を湛えたコップを、…

2019/5/7

再びの暗転、左腕の蹉跌。

炭坑みたいな地下道から、やっとの思いで這い出た…

2019/4/29

10連敗でも、前向きに
――不屈のカリビアンが教えてくれること

目をつぶり、無造作につかんだオセロの石を…

2019/4/22

試練のロード、右腕の胸中。

斜陽に照らされたマツダスタジアムの左中間スタンド…

2019/4/15

歓声をため息に変えてやれ
――濵口遥大、1安打完封の舞台裏

あれはきっと、渦だ。黒土から立ちのぼり、浜風に…

2019/4/8

2人の“神”は思いを重ねて。

勝負という名の天秤は、どちらに傾くべきか、まだ決めかねていた。…

2019/4/1

横浜の夜空に“一番星”光る
――開幕戦バッテリー、確信の勝利

息が白む花冷えの夜、主将の筒香嘉智を先頭に…

2019/3/28

71年目の球春到来!
――開幕左腕の桜が咲くとき

70年の時を越え、“クジラ”は横浜の港に…