チーム情報

トップページへ戻る

2017年11月20日(月)

奄美キャンプ終了

DeNAファンも駆けつけ


キャンプを締めくくるラミレス監督(中央)

奄美市で3日から行われていたプロ野球・横浜DeNAベイスターズの秋季キャンプが19日、終了した。アレックス・ラミレス監督と選手は一本締めなどでキャンプを締めくくった。

キャンプは名瀬運動公園を拠点にあった。この日は同公園で軽めの運動に汗を流した後、キャンプを打ち上げた。県出身の戸柱恭孝捕手が選手を代表し、「キャンプに参加した選手が来年一人でも多く戦力になるようこれからもしっかり準備していこう。来年はリーグ優勝、日本一になれるよう頑張ろう」と述べた。

ラミレス監督は「キャンプに参加した何人かはレギュラー争いに加わることになるだろう。これからオフシーズンに入るが皆、トレーニングもしっかりしていこう」と述べた。

同公園には最後に選手を見ようと多くのファンが駆け付けた。12日に選手が開いた野球教室に参加した名瀬小6年の白久裕二郎君は「髙城(俊人)捕手に自分の球を受けてもらったのがうれしかったです」と話していた。

(11月20日付 奄美新聞)

記事のPDFはコチラ