チーム情報

トップページへ戻る

2016年11月9日(水)

練習再開、精力的に

「基本に返る」倉本内野手


再開した練習を見守るラミレス監督=8日、
名瀬運動公園市民球場

奄美市で秋季キャンプ中の横浜DeNAベイスターズは8日、アレックス・ラミレス監督が見守る中、打撃や守備、投球練習に精力的に取り組んだ。

休日明けとなったこの日は午前10時に練習を開始。内野守備の連係確認や、三塁に走者を置いたスクイズの練習などを行った。

キャンプ6日目を迎えて倉本寿彦内野手は「ここまでしんどい練習だが、できることをしっかりやっている。スローガンの通り、基本に返りレベルアップを目指したい」と話した。

キャンプは19日まで(13日は休み)。期間中、市内の児童らを対象にした野球教室、施設慰問、食事交流会を予定している。

(11月9日付 南海日日新聞)

記事のPDFはコチラ