チーム情報

トップページへ戻る

2015年11月15日(日)

憧れのプロ選手が熱血指導

ベイスターズ野球教室に200人


投球フォームを指導する砂田毅樹投手
=14日、名瀬運動公園市民球場ブルペン

野球教室は奄美キャンプでの恒例行事。約20選手が1時間ほど、指導した。開会式では選手代表の飛雄馬選手が「僕たちも一生懸命教えるので一つでも多くのことを学んでください」とあいさつ。子どもたちはバッテリー、野手に分かれて指導を受け、「速い球を投げるには」「高めの球の打ち方は」などと質問をぶつけ、選手らも手取り足取り子どもたちと触れ合いながら熱心に助言していた。

野手組の閉会式では飛雄馬、梶谷隆幸、百瀬大騎、山下幸輝、倉本寿彦、渡邊雄貴の6選手を迎えての質問コーナーがあり、「練習中に怒られることはありますか」という問いに対し、6選手全員が「毎日怒られています」と答えて会場の笑いを誘っていた。

閉会のあいさつで百瀬内野手は「きょう学んだことをこれからの野球人生につなげてほしい。レベルアップしていく中で、常に自分のやるべきことを考えて練習して」と激励。子どもたちを代表して朝日中学校2年の中濱俊輔君(13)が「貴重な時間を割いて指導してもらいありがとうございます。DeNAの皆さんもペナント優勝目指し頑張ってください」と感謝を伝えた。

(11月15日付 南海日日新聞)

記事のPDFはコチラ