チーム情報

トップページへ戻る

2015年11月9日(月)

「来季有終の美期待」

DeNA奄美キャンプ ラミレス監督ら歓迎


キャンプ成功と、来季の飛躍を誓った乾杯

6日から奄美市でキャンプ中の横浜DeNAベイスターズの歓迎パーティが7日夜、同市名瀬の奄美観光ホテルであった。ベイスターズ奄美協力会(会長・朝山毅市長)会員のほか地元関係者など約60人が出席し、池田純球団社長、アレックス・ラミレス監督など関係者らを迎え、6度目のキャンプを歓迎するとともに、来季の飛躍を誓い合った。

主催者代表の朝山市長が「来季こそ有終の美を飾っていただき、覇者として凱旋されることを楽しみにしている」などとあいさつ。続いて、池田社長は「キャンプの練習では、チーム全体でコミュニケーションが取れており、新たな活性化が見られる。これまでの積み上げに、違う強さが加わり、来季に臨めると思う」など更なる応援を呼びかけた。

ラミレス監督は「来年、優勝を目指してがんばります。応援よろしくお願いします」と冒頭日本語であいさつ。さらに「この地からチームを一つにしていく。各ポジションに良い選手を揃えている。チーム全体で良い基礎が築いていける」と来季の飛躍を誓った。

元奄美市議の竹田光一さんの音頭で乾杯。余興で島唄、六調などが披露されるなど、約1時間にわたり、ともに交流を楽しんだ。

(11月9日付 奄美新聞)

記事のPDFはコチラ