チーム情報

トップページへ戻る

キャンプ便り

『南海日日新聞社』、『特定非営利活動法人 まち色』のご協力により、現地からの情報をお届けします!

  • 2014年11月19日(水)

    奄美キャンプが終了

    奄美市で秋季キャンプを行っていたプロ野球横浜DeNAベイスターズは19日、キャンプを打ち上げた。全ての練習を終えた選手や監督、球団スタッフらはマウンド上に集い、来季の飛躍を誓って気勢を上げた。

  • 2014年11月19日(水)

    400mリレー

    紅白戦のチーム分けで400mリレーが行われました。
    紅白戦で勝利した白組は100m地点からのスタート。

  • 2014年11月17日(月)

    紅白戦 プロの技満喫

    奄美市で秋季キャンプ中の横浜DeNAベイスターズは16日、サイン会と紅白戦を実施した。この日はキャンプ最後の日曜日とあって、多くの市民や野球ファンでにぎわった。名瀬市民球場を訪れた人々は憧れの選手と触れ合い、迫力のプレーを楽しんでいた。

  • 2014年11月16日(日)

    紅白試合

    「自分のポジションにこだわらずお互いにカバーしあい、自主的に動く」ことを趣旨とした紅白試合はサポートメンバーを入れずに、紅組(ビジターユニフォーム)と白組(ホームユニフォーム)に分かれ7対7で行われました。

  • 2014年11月16日(日)

    球児190人、真剣・充実

    奄美市で秋季キャンプを行っている横浜DeNAベイスターズの選手による野球教室が15日、同市の名瀬運動公園であった。市内などから小中学生約190人が参加。憧れのプロ野球選手から直接指導を受けた子どもたちは、目を輝かせながら約1時間の練習でさわやかな汗を流した。

  • 2014年11月16日(日)

    今年も寮生とエール交換

    プロ野球・横浜DeNAベイスターズの2選手が15日、市内の児童養護施設・カリタスの園「白百合の寮」(秋永十技子施設長、68人)を訪問し、寮の子どもたちと交流した。

  • 2014年11月15日(土)

    キャンプ便り11月15日(土)

    秋晴れの中、ウォームアップから練習が始まりました。シートバッティングでは試合さながらのファインプレーが飛び出し、応援しているファンから拍手が巻き起こりました。

  • 2014年11月14日(金)

    憧れのプロと小学生会食

    奄美で秋季キャンプ中の横浜DeNAベイスターズの選手ら21人と奄美大島内の小学生球児24人との食事交流会が12日、奄美市内のホテルで開かれた。球児たちは憧れのプロ野球選手と食事を楽しみながら、丈夫な体をつくるための食事のポイントなどを学んだ。

  • 2014年11月13日(木)

    泥染め体験に挑戦

    奄美でキャンプ中の横浜DeNAベイスターズの柿田裕太投手(22)、砂田毅樹投手(19)、関根大気外野手の(19)の3選手は12日、奄美市と龍郷町で大島紬の工場見学と泥染めを体験して奄美の文化、産業の一端に触れた。

  • 2014年11月11日(火)

    「来季は優勝だ」気勢

    奄美で秋季キャンプ中の横浜DeNAベイスターズの歓迎パーティーが10日、奄美市名瀬の集宴会施設であった。球団側からは池田純社長、中畑清監督ら8人が出席。地元関係者ら約70人が集い、キャンプの成功と来季の活躍へ向けて気勢を上げた。

  • 2014年11月8日(土)

    9、16日にサイン会

    奄美市名瀬の市民球場で秋季キャンプ中の横浜DeNAベイスターズは9、16の両日、サイン会を開催する。球団側は「秋季キャンプに足を運んでいただいた人々への感謝の思いを込めて実施したい」と話している。

  • 2014年11月7日(金)

    横浜DeNAベイスターズ 2014奄美秋季キャンプ特集

    11月4日付の南海日日新聞、特集記事から。

  • 2014年11月7日(金)

    ベイファンにもLCC恩恵

    7月から成田―奄美間で運航を開始したバニラ・エア(LCC)の恩恵は本土在住のベイスターズファンにも及んでおり、今年は例年を超える集客が期待できそうだ。
    (11月7日付 南海日日新聞)

  • 2014年11月7日(金)

    まち色ショップ開設

    ベイスターズの秋季キャンプ開始に合わせ奄美市名瀬のNPO法人「まち色」が市民球場そばに応援グッズ販売所「まち色ショップ」を開設した。
    (11月7日付 南海日日新聞)

  • 2014年11月7日(金)

    横浜DeNA 奄美キャンプスタート

    プロ野球の横浜DeNAベイスターズの秋季奄美キャンプが6日、奄美市の名瀬運動公園市民球場で始まった。神事でキャンプの安全を祈願した後、選手らはファンらが見守る中、外野に移動してコーチ陣の声出しで気合を入れ、来期への飛躍を胸に始動した。
    (11月7日付 南海日日新聞)

  • 2014年11月6日(木)

    DeNA中畑監督「今年も追い込む」

    横浜DeNAベイスターズの中畑清監督は5日、奄美市笠利町の奄美空港で取材に応じた。6日から始まる秋季キャンプに向けた意気込み、奄美の印象について語った。
    (11月6日付 南海日日新聞)

  • 2014年11月6日(木)

    秋季キャンプで奄美入り

    プロ野球・横浜DeNAベイスターズの選手、スタッフ約50人が5日、秋季キャンプのため空路奄美大島入りした。奄美市笠利町の奄美空港でベイスターズ奄美協力会(会長・朝山毅奄美市長)が歓迎セレモニーを行い、中畑清監督と筒香嘉智選手に花束を手渡した。
    (11月6日付 南海日日新聞)

  • 2014年11月5日(水)

    DeNAきょう来島

    プロ野球・横浜DeNAベイスターズの選手・スタッフが5日、奄美大島に入る。6~19日、奄美市名瀬の市民球場で秋季キャンプを行う。今回も若手中心で25選手が参加。少数精鋭の厳しいキャンプになりそうだ。
    (11月5日付 南海日日新聞)