チーム情報

トップページへ戻る

2013年11月16日(土)

16日の練習

曇り空のもと、16日の練習は松本啓二朗選手と井納翔一選手の声出しからスタート。
井納翔一選手は「一軍とファームを行ったり来たりのシーズンでしたが、来年は一軍に定着し10勝をあげます。」と宣言されました。

ウォームアップはカラーコーンを使用してのストップアンドゴー。
赤のコーンから青のコーンへ横移動してからのダッシュは難しそうな動きですが、隣の選手と競い合いながら楽しそうに体を温めています。

途中、荒波翔選手と高崎健太郎選手が田中健二朗選手をくすぐるシーンもあり、リラックスした選手の表情を見ることができました。

ウォームアップの最後は二人一組になってのキャッチボールです。

「いいよー、その調子!」
市民球場での投球練習にて中畑清監督が熱い視線を送るのは、眞下貴之選手。

ブルペンでも投球練習が始まりました。

雨が降り出したため練習メニューがサンドームでのバッティング練習へと切り替わり、午前の部が終了しました。

午後からは日が差し出し、サブグラウンドにて投手陣の特守が始まりました。

三嶋一輝選手は泥だらけになりながらも、どこまでもボールを追いかけます。
動きにもキレがありひと際目立った存在に。
だれもが「捕れない」と思った打球にも飛び込み、キャッチ!
見ていたファンからは「凄いねー」「上手いねー」とため息が漏れていました。

他の選手たちも刺激されたのか、飛び込む!

飛び込む!!

飛び込む!!!

そうして泥だらけになりながらも、最後は自分達でトンボをかけます。

この練習で一気にファンが増えました。

市民球場でも野手陣の特守が始まりました。

ファンからの声援に片手を上げて応える荒波翔選手。

最後の練習メニューは特RUN。

ユニフォームではなく、思い思いのトレーニングウェアーで個性が光ります。

監督の前でおどける選手たち。
こういったところも見所ですね。

(まち色)