チーム情報

トップページへ戻る

2012年11月10日(土)

来季の巻き返しに期待


駒澤大学奄美会贈呈の花束を受け取る
中畑清監督(左)9日、奄美市名瀬

奄美協力会・ベイスターズ懇親会

奄美市名瀬で秋季キャンプ中のプロ野球・横浜DeNAベイスターズと地元支援団体の懇親会が9日夜、同市名瀬の集宴会施設であった。ベイスターズ奄美協力会(会長・朝山毅市長)と同球団のオーナーやスタッフが交流し、来シーズンの飛躍に期待を膨らませた。

懇親会で、朝山会長は「奄美キャンプは子どもたちに夢と希望を与えている。来季は練習の成果を発揮してほしい」とあいさつ。伊藤祐一郎知事(伊喜功大島支庁長代読)も歓迎と激励のメッセージを伝えた。

球団の春田真取締役オーナーは「来年はクライマックスシリーズ進出が目標。キャンプ中の選手を叱咤激励してほしい」と述べ、中畑清監督は「いいチームにするよう命懸けでキャンプに臨みたい」と意気込みを語った。

駒澤大学奄美会と奄美神奈川会から花束や激励品などが贈られ、余興などで盛り上がった。

(11月10日付 南海日日新聞)

記事のPDFはコチラ

モバイル告知