地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

2017年12月28日(木) 予選リーグ2日目 グループD 第2試合横浜DeNAベイスターズジュニア 対 福岡ソフトバンクホークスジュニア

横浜DeNAベイスターズJr. - 福岡ソフトバンクホークスジュニアJr.

  1 2 3 4 5 6 7 R
横浜DeNA福岡ソフトバンクホークスJr. 3 0 1 0 0 0 3 7
東北楽天ゴールデンイーグルスジュニア横浜DeNAベイスターズJr. 3 0 4 0 2 1 × 10

[バッテリー]
福岡ソフトバンクホークス: 山下、丸山、江口、中尾-松浦
横浜DeNAベイスターズ: 田上、松ケ野、小川- 小泉

[打撃成績]
本塁打:(De)青山、小川、田上、板垣、秋生、(H)長村
三塁打:なし
二塁打:(De)秋生、(H)松浦、中尾

[試合リポート]
後攻の横浜DeNAベイスターズJr.の先発は田上。初回先頭に2塁打、送りバントと1アウト3塁のピンチ。3番打者にホームランを打たれその後もヒットなどで3失点と苦しい立ち上がりになる。反撃したい1回裏の2アウト1,2塁から5番青山の同点ホームランで試合を振り出しに戻す。3回に1点を取られ逆転されるもその裏、ノーアウト1塁から3番小川が逆転ホームラン、4番田上も2者連続ホームラン、1アウトを取られるも6番板垣もホームランとこの回4点を追加と7対4とリード。
4回表からは松ケ野がマウンドに上がる。この回は無失点に抑えるも5回につかまりノーアウト満塁のピンチ。ここで小川に継投。気迫のピッチングで1アウトをとると、野手の好プレイもありダブルプレイで無失点に切り抜ける。
5回裏の攻撃もその流れを活かして青山、宮尾のヒットで2点を追加。9対4リード。
6回裏は9番秋生のこの日チーム5本目となるホームランで1点を追加。
7回表小川が1アウト満塁のピンチを招き、ヒットで3点を失うも最後のバッターを一ゴロに打ち取り試合終了。
1試合同一チーム最多本塁打記録を更新する5本のホームランで10対7と乱打戦を制した。
引き続き休憩をしてオリックスと対戦予定。

保護者の方々も必死に応援してくれました!!

DeNAベイスターズジュニア奮闘の様子は、横浜DeNAベイスターズ公式Facebookページでもご覧いただけます!

横浜DeNAベイスターズ公式Facebookページ