地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

2016年12月29日(木)大会3日目 決勝戦 阪神タイガースジュニア対横浜DeNAベイスターズジュニア

阪神タイガースジュニア- 横浜DeNAベイスターズジュニア

(KIRISHIMAサンマリンスタジアム)

  1 2 3 4 5 6 7 R
阪神タイガース阪神タイガース 0 0 0 0 1 0 3 4
横浜DeNAベイスターズ横浜DeNAベイスターズ 0 0 6 0 0 0 × 6

[バッテリー]
阪神タイガース: 沖、永谷、田中-寺川、春山
横浜DeNAベイスターズ: 堀本 - 玉城

[打撃成績]
本塁打:堀本(DB)1号(3回点)、山平(T)1号(5回1点)、2号(7回3点)
三塁打:なし
二塁打:深谷(DB)

[試合リポート]
横浜DeNAベイスターズジュニアは、球団史上初の決勝戦、阪神タイガースジュニアと行いました。
DeNAベイスターズジュニアの先発堀本は、初回に四球を出すもののすばらしい立ち上がりを見せる。
その裏、一死ランナーなしから深谷のレフトオーバーの2塁打を放ちチャンスを作るも後続が倒れ無得点。
2回、3回と相手打線を力のあるボールで無得点に抑える。
3回裏、内野安打、エラーが絡み1点先制。なおもランナー1人を置いて4番堀本がレフトに2ランホームラン。この回一挙6点を奪う。
4回は両チームとも無得点に終わる。
5回表、ソロ本塁打で1点を返される。
DeNAベイスターズジュニアは3回以降得点をあげる事ができず。
そして6-1で迎えた最終回。一死ランナーなしから連続ヒットで二死1・2塁。迎えるは、5回にソロホームランを打っている7番山平。その初球、完璧にとらえた打球は3ランホームランで6-4と2点差まで追い上げられますが、最後のバッターをサードゴロに打ち取りゲームセット。
6-4で勝利し初優勝となりました。

念願だった鈴木尚監督の胴上げ!!最高の瞬間でした。

4ヶ月間と限られた期間で構成されたチームでしたが選手・チームスタッフ・保護者の方々全員の力で掴み取った初優勝。
歴史に名を刻みました。
応援していただいた皆さんありがとうございました。

DeNAベイスターズジュニア奮闘の様子は、横浜DeNAベイスターズ公式Facebookページでもご覧いただけます!

横浜DeNAベイスターズ公式Facebookページ