地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

2016年10月1日(土)三菱重工健康保険組合総合グラウンドで初の対外試合を行いました

10月1日(土)横浜DeNAベイスターズジュニアは、千葉ロッテマリーンズジュニアとの試合を2試合行いました。

M 000 000 0 | 0
DB 030 000 0 | 3

1試合目は、先発の高橋が緩急をうまく織り交ぜながら4回を無四球、無安打に抑え最高のピッチングをしてくれました。その後も、樋口 - 堀本の継投で相手打線を1安打無失点で抑え3-0で勝利しました。勝利はしましたが、打線が5安打3得点と相手投手の力のあるボールに差し込まれる場面が多く今後の課題が残るゲームとなりました。

DB 221 200 0 | 7
M 001 110 0 | 3

2試合目の先発は生谷。ボール球が先行する場面もありましたが、勝負どころでキレのあるボールを投げ込み相手打線を要所で抑えました。その後も小形 - 星川のリレーで最少失点に抑えてくれました。ピンチの場面では選手同士が声を掛け合い、チーム結成され間もないチームとは思えないほどのチームワークでした。試合は7-3で勝利し初の対外試合は2連勝と幸先の良いスタートとなりました。

本日の試合では「勝ちにこだわりながらも課題を見つける日」と位置付けて試合に臨みました。その結果、勝つことで自信を持てたと同時に相手のエース級投手に歯が立たないなど、ジュニアのレベルを肌で感じることが出来き良い経験になったと思います。全力疾走で懸命さが伝わるプレーが随所にあったので、良いチームになる期待を大いに感じることができました。

初優勝に向けて引き続き、ご声援宜しくお願いします!