地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

2015年11月23日(祝・月)川崎選抜、大師選抜と練習試合を行いました。

11月23日(祝・月)横浜DeNAベイスターズジュニアは、大師少年野球場(川崎市)にて川崎選抜、大師選抜と練習試合を行いました。
1試合目は、川崎選抜との一戦。
先発の成本は、初回から勢いのあるボールをコーナーに投げ分け、相手打線を封じこむ見事な投球を見せ、5回1失点と好投します。
対する川崎選抜の投手は、横浜DeNAベイスターズジュニアのメンバーでもある高安が先発。2回、3回と失点し、5回を投げ3失点という内容でしたが、気合の入った投球スタイルで、ジュニアチームを抑えました。
また、打撃では成本から本塁打を放ち、投打ともに好調をアピールしました。
結果は、5対1と少し点差が開きましたが、非常に良い試合ができました。

2試合目は、大師選抜との試合。
この試合は初回から打撃陣が爆発し、18得点と相手を大きく突き放します。
その中でも、小澤、赤井が4安打、4番に入った田倉も3安打と絶好調でした。
全体では本塁打が6本も飛び出し、本大会に期待が持てる打撃内容でした。
先発の宮田は7イニングをわずか80球の省エネピッチング。相手打線を封じこみ、18対0で勝利を収めました。

試合終了後は、両チームとの記念撮影を行い交流を図りました。

9月に結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームも、NPB12球団ジュニアトーナメント出場まで残り1カ月となりました。
宮崎で開催される同大会での初優勝へ向けて、各選手がさらに調子を上げていってくれることに期待しましょう。