地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

2014年12月30日(火)決勝トーナメント グループCD準決勝
横浜DeNAベイスターズジュニア 対 読売ジャイアンツジュニア

横浜DeNAジュニア - 読売ジュニア(福岡 ヤフオク!ドーム)

  1 2 3 4 5 6 7 R
巨人読売ジュニア 0 2 1 0 0 0 0 3
横浜DeNA横浜DeNAジュニア 0 0 1 1 0 0 0 2

[バッテリー]
横浜DeNAベイスターズ:板垣、穂積、坂東-西谷
読売ジャイアンツ:木下、三河、笠-石倉

[試合リポート]

横浜DeNAベイスターズジュニアの先発板垣は、初回2奪三振を含む三者凡退で、最高の立ち上がりを見せる。
その裏、二死から3番布施、4番板垣の連打でチャンスを作るも、後続が倒れ無得点。
2回表、二死から不運な形で出塁を許すと、四球、暴投からピンチを招き、相手8番打者に右中間を破るタイムリースリーベースを打たれ、2点を先制される。
3回にも四球から出塁を許し、またしても暴投により失点し、3対0とリードされる。
3回裏、二死から2番仲座が内野安打で出塁し、相手エラーにより1点を返す。
4回にも先頭の6番高橋が左中間を破るツーベースヒットを放ち出塁すると、相手投手の暴投の間に俊足を飛ばし、ホームイン。3対2と追い上げる。
投手陣は穂積、坂東とナイスピッチングで繋ぎ、3回の失点以降相手打線を0に封じ込めた。
打線もチャンスを作るも、得点を奪えず、3対2で敗戦となりました。


さぁ、準決勝!自分たちの野球をやっていこう!


今日のスターティングラインナップはこちら


先発で4番を任された板垣翔大選手


今日も快足を飛ばした高橋翔太選手のホームイン!


レフト布施武虎選手がファールフェンス際で
気合のナイスキャッチ!


二人目のピッチャー穂積征哉選手がきっちり抑えます


三番手で落ち着いたピッチングを見せた坂東俊太選手


最後まであきらめず、本当に良い試合でした。
ありがとう!!

DeNAベイスターズジュニア奮闘の様子は、横浜DeNAベイスターズ公式Facebookページでもご覧いただけます!
横浜DeNAベイスターズ公式Facebookページ