地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

 2014年12月6日(土)読売ジャイアンツジュニアと練習試合を行いました。

この日、横浜DeNAベイスターズジュニア対読売ジャイアンツジュニアの試合が、横須賀市にある、横浜DeNAベイスターズ総合練習場(ベイスターズ球場)にて行われました。

1試合目のオーダー
1.キャッチャー 西谷(4)(元石川サンダーボルト)
2.セカンド 鬼頭(8)(青葉スターズ)
3.レフト 松平(12)(田中子ども会野球部BW)
4.センター 秋山(14)(矢畑リトルイーグルス)
5.ライト 板垣(15)(有鹿バッファローズ)
6.ファースト 坂東(16)(オールシャインズ)
7.ショート 仲座(9)(志多伯ファイターズ)
8.サード 庄子(10)(オール川井少年野球倶楽部)
9.ピッチャー 藤井(18)(富士見ファイターズ)

1試合目は、投手戦を繰り広げましたが、4回に3点を失いリードを許します。
打線も相手投手の前に2安打と封じ込められてしまい、3対0の敗戦となりました。

2試合目のオーダー
1.ショート 仲座(9)(志多伯ファイターズ)
2.サード 庄子(10)(オール川井少年野球倶楽部)
3.キャッチャー 西谷(4)(元石川サンダーボルト)
4.ライト 板垣(15)(有鹿バッファローズ)
5.センター 秋山(13)(矢畑リトルイーグルス)
6.レフト 松平(12)(田中子ども会野球部BW)
7.セカンド 鬼頭(8)(青葉スターズ)
8.ファースト 坂東(16)(オールシャインズ)
9.ピッチャー 伊東(1)(上瀬谷タイガース)

2試合目は、相手投手の立ち上がりを攻め、盗塁も絡めて2点を先制。しかしその裏、先発伊東 が連打され、1点を返されます。その後も、板垣、金子と継投しましたが、相手打線を抑える事ができず、4点を失いました。
打線も初回以降、相手投手の前にヒットすら出ず、4対2で敗戦となってしまいました。

試合後、鈴木尚典監督は「これが今の実力。自分たちの実力を理解して、大会までの残り短い期間、更にレベルアップしていこう」と、敗戦に落ち込む選手達を鼓舞していました。