地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

 2014年10月26日(日)読売ジャイアンツジュニアと練習試合を行いました。

この日は、横浜DeNAベイスターズジュニア対読売ジャイアンツジュニアの試合が、東京都江東区にある、夢の島グラウンドにて行われました。
今回の練習試合は1試合(9イニング)のみとなりました。

スターティングオーダー
1.キャッチャー 西谷(4)(元石川サンダーボルト)
2.セカンド 鬼頭(8)(青葉スターズ)
3.サード 仲座(9)(志多伯ファイターズ)
4.センター 秋山(14)(矢畑リトルイーグルス)
5.レフト 松平(12)(田中子ども会野球部BW)
6.ファースト 伊東(1)(上瀬谷タイガース)
7.ライト 加藤(6)(茅ヶ崎リトルリーグ)
8.ショート 庄子(10)(オール川井少年野球倶楽部)
9.ピッチャー 穂積(11)(サンダース&スパイダース)

1回表の横浜DeNAベイスターズジュニアは、先頭の西谷がライト線を破るスリーベースを放ち、初回からチャンスを迎えました。続く2番の鬼頭はショートへ痛烈なゴロを打ち、相手のエラーを誘い1点を先制しました。
先発の穂積は初回を0点で抑えるも、2回裏に読売ジャイアンツジュニアの4、5番打者へ連続スリーベースヒットを浴びるなど、逆転を許しました。
3回表には再び、1番西谷のセンター前ヒットからチャンスを作り、5番松平のタイムリーなどで逆転に成功しました。
その後、互いに点を取り合い7回表終了時まで4対3でリードをしていましたが、7回裏に1点を失い、4対4の同点となりました。
試合はその後9回まで行われましたが、4対4の同点のまま試合終了しました。

現在2連覇中の読売ジャイアンツジュニアと互角の戦いを繰り広げた選手は、自信をつけてくれた事と思います。
本大会での読売ジャイアンツジュニアの3連覇阻止、そして横浜DeNAベイスターズジュニアの初優勝へ向かって、今後も期待です。