地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

2013年10月14日(祝・月)川崎市内で練習を行いました。

この日の練習は、守備練習の連係プレー等を中心となりました。
先週行われた埼玉西武ライオンズジュニアとの練習試合からの反省練習の続きとなります。
鈴木監督は、「9月は個人のレベルアップを目標とし、バットを振り込んだり、基本を中心に練習したから、10月はチームプレーの練習に移行していくよ。個人の練習は自宅でもできるから、みんなが集まる週末は、チームプレーに重きを置きます」本大会を見据えたプランをお話ししてくれました。

さらに守備練習の後に多くの時間を割いたのは、走塁練習です。
リードやオーバーラン、試合を想定した状況毎の走塁などを徹底して行っていました。
実戦さながらの走塁練習では、激しいスライディング等も見られ、とても迫力がありました。

そんな中、本日も1人の選手を紹介いたします。
茅ヶ崎市にあるブラックサニーズから選出された富田壮選手です。
投手として選出された富田選手ですが、選考会の時からそのスピードボールはトップクラス。
選出に関しても、審査委員全員が大絶賛だったそうです。
鈴木監督は「能力は文句なしだよ。体格も恵まれているし、器用だしね。ただ、もっと自信を持ってやってほしい。彼に対する期待は将来的なものも含め非常に大きいですから、要求も多いですよ。分かりやすく言えば逸材という事です」と話してくれました。
鈴木監督にここまで言わしめる富田選手。
本大会で、その才能を大いに発揮してほしいですね。