地域貢献活動

トップページへ戻る

活動リポート

2013年8月31日(土)横浜DeNAベイスターズジュニアチーム結団式が行われました。

横浜DeNAベイスターズジュニアチームの結団式が、8月31日(土)かながわ労働プラザで行われました。
横浜DeNAベイスターズは、神奈川県内より小学校6年生を対象に選手を公募。538名の中から選ばれた18名がこの日初めて集合しました。

まず、池田純球団社長より挨拶があり、「神奈川県内の野球少年代表として、自覚を持って、万全の準備をして大会に臨んでください。また、将来この中から一人でも多くのプロ野球選手が誕生し、さらにはDeNAベイスターズに入団してくれることを期待しています」との話がありました。

続いて、代表選手18名に池田社長より認定証の授与、鈴木尚典ジュニアチーム監督からチーム帽子が贈られました。
池田社長、鈴木監督とがっちりと握手を交わし受取る選手たちの姿は、非常に頼もしくも感じました。

その後、選手たちが自己PRと大会への抱負を述べ、大会に臨む決意を大きな声で発表し、最後は選手たちに向けて鈴木監督が決意表明をしました。

鈴木監督は、「この大会は今年で9回目。ベイスターズは未だ優勝がありません。大会までの期間、精一杯指導して必ずみんなを成長させます。みんなで成長して、このチームで初優勝を成し遂げましょう」と力強く話してくれました。選手たちも鈴木監督の言葉の後、大きな声で返事をし、会場は大きな拍手に包まれました。

最後は鈴木監督を中心に、全員で集合写真を撮影。鈴木監督の下、この18名でいよいよ2013年横浜DeNAベイスターズジュニアチームがスタートします。