PREVIEW

対内海選手は大和選手に期待!今季はここまで5打数5安打

横浜DeNAベイスターズ(55勝67敗2分) vs. 読売ジャイアンツ(60勝65敗4分)

井納 翔一(5勝3敗 防御率3.81) vs. 内海 哲也(5勝4敗 防御率3.97)

横浜スタジアム 試合開始18:00

 巨人の先発・内海哲也選手とは今日が今季4度目となる対決だ。ここまでの対決では、内海選手に完封勝利含む2つの白星を許しており、対戦防御率1.50と攻略することができていない。
 個人の打撃成績で注目なのが、大和選手だ。今季ここまで、内海選手との対決では5打数5安打と当たっており、本塁打も1本記録。今日も得点のきっかけとなる活躍に期待したいところだ。加えて、昨日2安打を放つ活躍をみせた宮﨑敏郎選手も8打数3安打の打率.375と好相性。昨日1、2番を打ったふたりのバットに期待がかかる。
 今日の先発は井納翔一選手。前回登板の東京ヤクルト戦(9月7日・横浜)から、中6日でのマウンドだ。巨人戦での登板は今日が先発としては3試合目(リリーフを含めると9試合目)。前回登板の東京ヤクルト戦では7回無失点と好投し勝利を挙げているが連勝なるか。
 井納選手にとって、今日投げ合う内海哲也選手との投げ合いは鬼門のひとつだ。過去のシーズン含め、これまでに3度ベテラン左腕との投げ合いが実現しているが、ここまでは3戦とも内海選手が白星を挙げる投球を披露しており、今年の対決(7月31日・横浜)では完封勝利まで決められた。通算4度目の対決となる今日、リベンジに期待したい。
 巨人とのレギュラーシーズンでの残り試合は、4試合のみとなった。本拠地・横浜スタジアムで対決するのは今日、明日の連戦がラストとなる。巨人とのここまでの対戦成績は、12勝8敗1分で勝ち越し中。今日からの連戦でひとつでも勝利することができれば、同カードのシーズン勝ち越しが決定することになる。
 巨人相手の勝ち越しとなれば、2016年以来、2年ぶり。チームが横浜DeNAベイスターズに生まれ変わった2012年以降では、7年間で3度目だ。まずは今日の試合で勝利をつかみとり、同カードのシーズン勝ち越しと、連敗ストップを決めたい。

DB打者 vs G 内海哲也 今季対戦打撃成績

選手名 打率 打数 安打 打点 本打 四死 三振
J.ロペス .111 9 1 0 0 0 2
宮崎 敏郎 .375 8 3 1 0 0 0
筒香 嘉智 .000 8 0 0 0 0 1
桑原 将志 .286 7 2 0 0 1 0
N.ソト .000 7 0 0 0 2 3
柴田 竜拓 .500 6 3 0 0 1 0
大和 1.000 5 5 2 1 0 0
嶺井 博希 .250 4 1 0 0 1 1
伊藤 光 .000 3 0 0 0 0 1
田中 浩康 .000 1 0 0 0 0 0
楠本 泰史 .000 1 0 0 0 0 0

DB 井納翔一 vs. G 内海哲也 先発対決

井納翔一 年月日 球場 スコア 内海哲也
投回 被安 三振 四死 失点 自責 勝敗 勝敗 投回 被安 三振 四死 失点 自責
5 6 3 3 5 5 14.9.26 横浜 3-6 7.2 7 11 2 3 3
5 6 3 2 4 3 17.4.5 横浜 2-4 7 6 3 2 1 1
7 12 4 2 5 5 18.7.31 横浜 0-6 9 6 4 3 0 0
0勝3敗 6.88 通算成績 3勝0敗 1.52

横浜DeNA 過去6年の年度別対巨人勝敗結果

年度 試合 勝率
2012 24 4 17 3 .190
2013 24 5 18 1 .217
2014 24 13 11 0 .542
2015 25 10 15 0 .400
2016 25 14 10 1 .583
2017 25 9 15 1 .375
2018 21 12 8 1 .600
※2018年は9月13日時点の成績