PREVIEW

対阪神タイガースは防御率1点台!東選手、阪神戦5度目の登板!

横浜DeNAベイスターズ(43勝52敗2分) vs. 阪神タイガース(43勝48敗1分)

東克樹(7勝4敗防御率2.75) vs. R.メッセンジャー(10勝6敗防御率3.54)

横浜スタジアム 試合開始18:00

 今日の先発は東克樹選手。今季5度目となる阪神戦での登板だ。前回登板は7月20日(横浜スタジアム)で、6回途中1失点と好投。見事に同カード2勝目をマークしている。ここまでの阪神戦では対戦成績は2勝2敗とイーブンではあるものの、対戦防御率は1点台とカード別では最も良い成績となっており、今日の登板にも大いに期待がかかる。大事なカード初戦、チーム単独トップを走る8勝目なるか。
 対する阪神の先発はR.メッセンジャー選手。今日は今季6度目となる対決だ。前回対戦は約3週間前の7月22日(横浜スタジアム)で、立ち上がりにN.ソト選手が本塁打を放つなどしたものの、7回わずか3安打に封じられ、横浜DeNA打線が奪えたのは2得点のみ。メッセンジャー選手に、節目となる今季10勝目を許している。今季ここまで5試合の対決で、5勝を献上している上に、対戦防御率も0.95という数字だ。今日こそ攻略し、土をつけねばならない。打線の奮起に期待したいところだ。
 なお、本日先発の東克樹選手との投げ合いは今季3度目で、前述のとおり同カード“負けなし”であるメッセンジャー選手が2戦2勝となっている。対する東選手も好投を続けているだけに、今日は投げ合いを制し、白星を奪いたいところだ。

東克樹阪神戦全登板成績 ※スコア左が横浜DeNA

年月日 球場 スコア 登板 勝敗 投回 打者 球数 被安 被本 三振 四死 失点 自責 捕手
4.5 横浜 0-2 先発 7 27 112 6 0 9 1 1 1 戸柱
5.3 甲子園 2-4 先発 6 23 79 4 0 4 1 2 2 嶺井
5.16 甲子園 5-0 先発 9 32 118 3 0 8 3 0 0 嶺井
7.20 横浜 10-3 先発 5.1 22 99 2 1 4 3 1 1 伊藤
横浜計 2試合 1勝1敗 1.46 12.1 49 -- 8 1 13 4 2 2 --
4試合 2勝2敗 1.32 27.1 104 -- 15 1 25 8 4 4 --

DB東克樹vs.Tメッセンジャー先発対決

東克樹 年月日 球場 スコア R.メッセンジャー
投回 被安 三振 四死 失点 自責 勝敗 勝敗 投回 被安 三振 四死 失点 自責
7 6 9 1 1 1 4.5 横浜 0-2 8 3 11 0 0 0
6 4 4 1 2 2 5.3 甲子園 2-4 7 6 6 1 1 1
0勝2敗 2.08 通算成績 2勝0敗 0.60
※スコア左が横浜DeNA