歴史と伝統を継承して
横浜スタジアムは“コミュニティボールパーク”に生まれ変わる

1896年 横浜彼我公園にて日本初の国際野球試合を開催
1934年 横浜公園球場にて日米野球開催。日本初のプロチーム「全日本軍」が初来日のベーブ・ルース、ルー・ゲーリックらと対戦
1945年 ゲーリック球場に日本初の夜間照明導入
1948年 ゲーリック球場にて日本プロ野球初のナイトゲーム開催
1978年 日本初の多目的スタジアム“横浜スタジアム”誕生

日本の野球史において、横浜は何度も歴史的瞬間の舞台になりました。
野球はいつも横浜の市民と共にありました。
そして3年後には、次の歴史的瞬間を控えています。

そんな横浜の地で市民に愛され続けてきた横浜スタジアムが
街と人に開かれた“コミュニティボールパーク”として、これから生まれ変わりの時を迎えます。

野球と共に、横浜の皆さまと共に歩んできた、望んでも得られないほどの長い歴史があるからこそ、
あえて一から造るのではなく、造り変えるという道を選んで。

2020年、新生「横浜スタジアム」完成予定です。