試合情報

トップページへ戻る

試合結果・速報

  • 2011年5月7日(土)

  • vs 阪神
  • (横浜)
               
200100100   4 
00100103X   5 

タイガースとの3連戦、第2ラウンドの先発はルーキー須田選手。雨が降る悪天候の中、制球に苦しむ立ち上がりを攻められ、1アウト満塁から2点タイムリーを打たれてしまいます。
打線は、1回は三者凡退。2回は1アウト2-3塁のチャンスをつくるものの無得点。反撃は3回、石川選手が三遊間へ強烈な打球を放ちツーベースヒットで出塁すると、続く渡辺選手がレフトタイムリーヒットを放ち1対2とします。
しかし直後の4回、須田選手はソロホームランを浴び、再び2点差にされてしまいます。須田選手は5回の攻撃で代打を送られ降板。6安打3失点の内容でした。
6回は篠原選手がマウンドに向かい三者凡退に抑えると、その裏スレッジ選手が右中間ツーベースヒットで出塁。続く村田選手は倒れますが、次打者ハーパー選手がセンターヒットを放ち2対3とします。
7回は加賀選手がマウンドに向かいますが、2アウト1-3塁のピンチの場面でルーキー大原慎選手に交代します。ところが1点を追加され、三度2点差にされてしまいます。
8回は江尻選手がマウンドに向かい三者凡退に抑えると、その裏スレッジ選手フォアボール、村田選手はショートフライに倒れますが、ハーパー選手フォアボール、吉村選手デットボールで1アウト満塁。このチャンスで打席が巡ってきたのは、3打席凡退していた内藤選手。その内藤選手の打席で相手バッテリーがミスをして、3塁ランナーがホームイン。3対4の1点差に迫ります。なおもランナー2-3塁の一打逆転のチャンス。内藤選手は値千金のライトフェンス直撃の逆転ツーベースヒットを放ち5対4。終盤で試合の主導権を握ります。
1点リードで迎えた最終回のマウンドは山口選手が向かいます。スコアリングポジションにランナーを進めてしまいますが、得点を与えず試合終了。ベイスターズは2連勝を飾りました。
勝ち投手は江尻選手。石川選手、渡辺選手、村田選手がマルチヒットを放っています。