OUR TIME IS N.O.W.
CLIMAX 2017

COMMENTS

リーグ優勝を目指してシーズンに臨んだ中でその目標を成し遂げることはできなかったが、チーム全員で戦い抜き掴み獲ったクライマックスシリーズ進出だと思っている。昨年の広島に敗退した時の悔しさは忘れることはできない。まずはファーストステージで阪神に全力で立ち向かい、そして、ファイナルステージも勝ち抜き、必ず日本シリーズの舞台で、横浜スタジアムに戻ってきます!

筒香 嘉智選手

3位ではあるが、ベイスターズファンの後押しが凄かったからファンの方々の想いに報いることができて、今はまずとにかくホッとしている。最後の1ヶ月は、本当に厳しい戦いが続いたが、チーム一丸となり戦うことができたから、乗り越えることができた。自分一人ではなく、チームが一丸になったからこそ、ここまで戦うことができたし、一年間を通じたパフォーマンスにもつながった。CSは、甲子園、マツダだが、ベイスターズのファンも来てくれると思うし、良い戦いができると思う。

J.ロペス選手

まずはCSが決まって、気持ち的にも落ち着いたという感じ。選手それぞれが自分のやるべきことを全うしてきたからこそ、今の位置にいることができるのだと思う。今年は去年のくやしさを晴らすために、やり返したい。とにかく、チームの勝利のために、今までシーズン通してやってきたことを信じて頑張りたい。

桑原 将志選手

去年のCSでの悔しい想いを持って迎えた今シーズン、その借りを返すチャンスは残っているわけだから、まずは次のステージに進めてホッとしている。そして、チーム一丸となって掴んだこの結果を光栄に思う。去年のCSはとにかく悔しかった。昨年以上に、さらにチームが団結すれば、きっと昨年を超えられる。とにかく、今はCSが楽しみ。

梶谷 隆幸選手

自分としては苦しいシーズンだったが、ひとつずつ壁を乗り越えて、ここまでくることができたのでよかった。去年のCSの悔しい思いというのは、今も残っているので、今年はなんとかそれを突き破っていけるよう、頑張っていきたい。CSを勝ち抜いて、まだ行ったことのない日本シリーズという舞台で戦ってみたいし、日本一という場所まで進んでいきたい。年々大きくなっていく声援は僕たち選手にもしっかり届いているので、ファンの皆さんも同じファミリーとして、最後まで戦っていきましょう!

山﨑 康晃選手

ほっとしたというのが率直な気持ち。しんどい部分も多かったけれど、みんなで声をかけあって、やってこれたことがこの結果に繋がったと思う。CSという舞台で戦うことはチームとしても一段と成長できるチャンスでもあるので今年もその場所でしっかり戦っていきたい。個人としては、CSだからと特別気負うことなく、シーズンと変わらず平常心で戦っていきたい。

宮﨑 敏郎選手

シーズン中は成績以上に波があったと思う。CSは一発勝負なので、全力でぶつかって昨年の借りを返したいと思う。ベイスターズファンの皆さんにはシーズンを通して、大きな声援を送ってもらったのでCSで恩返しをしたい。

今永 昇太選手

ベイスターズは出ないといけないチームだと思っていたので、CSが決まって、一番はほっとしている。これからは失うものはないので、去年と同じように、挑戦者の気持ちを持って、CSを戦っていきたい。キャッチャーというポジションでもあるので、攻守両面でチームの勝利に貢献したい。ファンの皆さんの声援は力になりましたので、これからも一緒に戦っていきましょう!

戸柱 恭孝選手

優勝を目標にしてやってきたがその目標はかなわなかった。しかし、3位になってCSに出場することができてうれしい。重要な試合をいくつも落としたり、簡単な道のりではなかった。だが、いい時も悪い時も変わらず声援をくれるファンのおかげでここまで来られた。そのファンの方々の前でCSを決められてよかった。どのようにシーズンを終えるかが重要だ。甲子園で阪神に勝ち、マツダで必ず広島に勝つ。OUR TIME IS N.O.W. ファンの皆さんと日本シリーズに行きましょう!

A.ラミレス監督

GOODS

Next page