会社概要

トップページへ戻る

地域交流~星に願いを~

訪問の様子

2012年5月23日
横須賀市立逸見小学校へ、福山博之選手、飛雄馬選手、桑原将志選手が訪問しました。

横須賀市立逸見小学校

前日の平塚に引き続き迎えた2軍チームの学校訪問は、校庭に大きなクスノキが4本も育つ横須賀市立逸見小学校です。

この日の参加選手は#45福山博之選手、#40飛雄馬選手、#37桑原将志選手の3人。逸見小学校の6年生は1クラスだけだったので、同じく1クラスだけの5年生を加え、59名の子ども達を3選手で担当しました。
各学年のクラスは少ないものの、選手の自己紹介が終わった後には「よろしくお願いしまーす!!」と他の学校に負けない大きな声。この元気な声に選手たちもノセられました♪

授業の進行は福山選手が担当。打ち合わせでは、桑原選手が「僕がしゃべって、福山さんは投手だから球の勢いを魅せて…」と仕切っていましたが、二人から「しゃべりは難しいゾ!大丈夫なんだな?!」と念を押されると、あっさり陥落。「福山さん、お願いします。」と…。
その福山選手は授業の後も「楽しかった♪」と満足していたように、子ども達に少しでも野球の楽しさを知ってもらおうと一言、一言、丁寧に分かりやすく子ども達に話しかけていました。

先輩にしゃべりを任せた桑原選手は、その分、活発に動き回りました。どっちが子どもか、分からないようなハシャギっぷりでキャッチボール、バッティングと指導した後は、「リレーで僕と対決しようよ!」と子ども達を挑発!!

逸見小選抜4名で200m。対する桑原選手は一人で迎え撃ちますが、勿論、常日頃から体を鍛えているプロ野球選手が負けるはずもなく、最終コーナーでは転げる演出を加えての圧勝で子ども達から喝采を浴びて気持ちよさそうでした。

優しい眼差しで仲間の選手と子ども達を見つめていた飛雄馬選手は、「本当に楽しかった!次の学校にも行きたい!! なんなら、保育園でも幼稚園でも行っちゃうよ。」と見事なハマりっぷり。

3選手ともナイターが行われる球場に向かう道すがら「逸見小の子たちは、球場にいつ来てくれるのかな~ぁ…」とみんなとの再会を楽しみにしていました。