会社概要

トップページへ戻る

地域交流~星に願いを~

訪問の様子

2012年4月24日
横須賀市立久里浜小学校へ、松下一郎選手、髙城俊人選手、乙坂智選手が訪問しました。

横須賀市立久里浜小学校

2012年度2軍チームの学校訪問は、横須賀市立久里浜小学校で第1回を迎えました。
昨日までの荒天が嘘のような夏日となったこの日は、松下一郎選手、髙城俊人選手、乙坂智選手の3人が訪問しました。

一番年上の24歳・松下選手が自己紹介した後、髙城選手、乙坂選手が「まだ、18歳です!」とあいさつすると、年齢の近さに子どもたちもビックリ!!
まずは、キャッチボールの見本、遠投、クイックスローを披露。「早い!」「スゴい!」と本物の迫力に感嘆の声があがります。

見本の後には、実際に子どもたちがクラスに分かれて実践。

最初は緊張していた子どもたちも、ようやく慣れてきた感じ。「サイン、欲しいな!」「あの選手、名前なんだっけ?」と…、選手自身に興味が沸いてきた様子でした。

バッティング体験の頃には、男子児童は選手の野球道具に興味津々。グローブを借りてみたり、バットを振ってみたり。女子児童はコーチをしている間隙を縫って、握手を求めている姿も…。「この手は洗わない!!」というお決まりのセリフを耳にしました。

楽しい時間はあっという間。
最後はクラス毎の集合写真を撮って、選手たちから球場ご招待を含めたお土産を渡して終了しました。

子どもたちは口々に「今度、球場に行きます!」「必ず応援しに行くよ!」と選手に話しかけ、最初の緊張感は、どこへやら…。
給食も食べずに、学校を去る選手たちに手を振り見送ってくれる児童たち。
帰りの車中では、選手も「楽しかった!」「本当に応援に来てくれるかな?」と子どもたちとの“ふれあい”を振り返っていました。