会社概要

トップページへ戻る

地域交流~星に願いを~

訪問の様子

2010年2月26日
「夢」について語り合う訪問授業。3校へ6選手が参加しました。

横浜市立高田小学校(港北区)

牛田選手と眞下選手の訪問授業に児童たちは緊張した様子でしたが、そんな雰囲気の中で土橋君が真っ先に手を上げ、自分の夢についての作文を披露してくれました。牛田選手は「諦めず続けてやってきたことが夢につながった」と、新人の眞下選手は「自分が一番だと思いながら元気を出して頑張る」と、それぞれの気持ちを児童たちに伝えていました。


一番に手を上げて作文を読んだ土橋君

作文を読んだ後、選手に質問をする中沢さん

両選手を見つめる児童たち

横浜市立洋光台第三小学校(磯子区)

「うぉ~」というもの凄い歓声で迎えられた森笠選手と新人の小林公選手。森笠選手の指名で、夢について書いた作文を読む児童たちに両選手は「小さい頃の夢はプロ野球選手だった」と語り、「夢をかなえるためには?」の質問に「苦しい時やつらい時でも諦めない、夢に向かって一生懸命努力する事が大事」と、児童たちにアドバイスをしていました。


モデルになりたいと夢を語った女の子

真剣な表情で選手の話を聞く児童たち

握手を求められる森笠選手!!

横浜市立桜井小学校(栄区)

田中選手と新人の福田選手のサプライズ登場に児童たちは大興奮のなか、将来の夢について話してくれました。田中選手は、甲子園優勝投手からプロ野球選手になるまでの経験をアドバイス。福田選手は学校の先生になって子どもたちに野球を教え、プロ野球選手を育てるのが夢であった事について話し、「みんなも好きな事を続けてほしい」と伝えました。


将来の夢をみんなに話す児童

記念撮影1

記念撮影2