エンターテインメント

トップページへ戻る

広報部リポート

2012/08/12恥ずかしがり屋の・・・

甲信シリーズ第2戦は、長野県松本市での試合。
打撃戦となった今夜のドラゴンズ戦でヒーローとなったのは、同点打&華麗なファインプレーを見せた内村賢介選手と今季初勝利をあげた加賀美希昇投手です。

加賀美投手は、4対6と2点ビハインドの6回表に3番手で登板。
ヒットを許しながらも6回、7回の2イニングを無失点で投げ切ります。
「今夜は左打者に対するチェンジアップが良かった」と話した加賀美投手は「打線の援護のおかげで勝利投手になれました」と試合後に笑顔を見せていました。

一方、打のヒーローは内村選手。
7回裏、無死満塁から一二塁間を抜けるライト前ヒットが同点打となりましたが、見せ場はこれだけではありません。
2回表、1死三塁のピンチ。内村選手の左を襲ったゴロをダイビングキャッチ。ファーストでバッターランナーを刺し、三塁ランナーの進塁を阻止しました。
その内村選手にヒーローインタビューのお願いをすると・・・
「えっ!僕ですか?ホント、勘弁してくださいよ。恥ずかしくて、全然しゃべれないですよ・・・」とのこと。
でもインタビューでは、しっかりと話してくれただけでなく、素敵な笑顔も見せてくれました。

さあ、明後日からはタイガースとの3連戦!
長野での初戦もしっかりと取ってから、横浜へ乗り込むぞ!

写真や全文はモバイルサイトでご覧いただけます。

モバイルサイト

モバイルサイトについて詳しくはこちら

最近の記事