エンターテインメント

トップページへ戻る

広報部リポート

2012/06/08『スーパーサブ』一輝選手

今日は11時試合開始で、イースタン・リーグ公式戦のスワローズ戦が横浜スタジアムで行われ、この試合、一軍から『助っ人』で参加の一輝選手が6回表の守備で1イニングだけマスクをかぶりました。

現在、一軍は鶴岡一成選手と黒羽根利規選手の捕手2名体制。
一輝選手の捕手は、両選手に万が一何かが起こった場合の『スーパーサブ』としての備えです。
1イニング、無事にマスクをかぶり終えたときには、「ふぅ~」と息を吐き、ホッとした表情を見せましたが、ベンチ前に戻ってくると笑顔でナインとハイタッチしていました。
ファンとしては、一輝選手のキャッチャー姿を見てみたい気もしますが、それは鶴岡選手、黒羽根選手に何かがあった時。
何とももどかしいですよね(笑)。

写真や全文はモバイルサイトでご覧いただけます。

モバイルサイト

モバイルサイトについて詳しくはこちら

最近の記事