エンターテインメント

トップページへ戻る

広報部リポート

2012/06/04ヒーロー荒波選手

打っては3安打3打点、守ってもダイビングキャッチを含む2つのファインプレーでベイスターズファンを沸かせた荒波翔選手が、昨日のヒーローとなりました。

一番バッターとして、荒波選手に自慢の足だけでなく、チームに『流れ』を呼び込む役目を期待する中畑監督。荒波選手の今季の活躍に賛辞を送ると「オールスターに出させてあげたい」と話していました。

一昨日の試合では、先頭打者として登場した1回表に初球打ちであっさりと凡退。さらに、その後の打席でもチャンスで見逃し三振に倒れるなど良いところなく途中交代。翌朝の新聞には、荒波選手に対する中畑監督の厳しい言葉が並びました。

しかし昨日の活躍を目の当たりにした中畑監督は試合後、「また褒めちゃうと良くないけど」と言いつつも、自然と目尻が下がります。5回表に逆転の切っ掛けとなる2点タイムリーを放った場面について「相手に3点取られてダメージがあったところで『行ける!』って空気を作ってくれた」と話すと、好プレーを見せた守備に関しても「荒波しか捕れない。ボールよりも速いんじゃないか?」と賞賛の言葉を並べました。

昨日の3安打で打率は.3049へ急上昇。2位のジャイアンツ坂本選手には、わずか6毛差ではありますが、首位打者にも立ちました。気の早い記者から「首位打者ですが」と質問を向けられた荒波選手は「まだ早いです」と答えると「昨日の今日なので期待に応えたかった」と白い歯をこぼします。

今、首位打者に立っても何の勲章もありません。しかし、ダイビングキャッチでできたと思われる左腕の擦り傷。それを隠す真っ白な絆創膏が、今の活躍を示す勲章に見えました。

写真や全文はモバイルサイトでご覧いただけます。

モバイルサイト

モバイルサイトについて詳しくはこちら

最近の記事