エンターテインメント

トップページへ戻る

広報部リポート

2012/05/31初代キャプテン

昨夜の試合、決勝点となる5点目のタイムリーを含む2打点の活躍を見せた石川雄洋選手。
今季はDeNAベイスターズの初代キャプテンに就任。
さらにポジションも昨年までのショートからセカンドへ移り、石川選手の中でも大きな転機となる年であることは間違いないでしょう。
そんな大事なシーズンは不調に悩まされ、スタメンから外れることもありました。

しかし2番セカンドで出場した昨夜の試合、「最低限のことはできた」と語る3回裏の犠牲フライは、開幕3戦目に決めたスクイズ以来の打点。
さらに6回裏に放ったレフト線へ放った2塁打は、今季初タイムリーとなりました。

そんな華々しい活躍の陰に隠れて、『2番打者』としてきっちり選んだ3四球も見逃せません。
特に5回裏に選んだこの日2つ目の四球では、ラミレス選手のタイムリーで勝ち越しのホームも踏みました。

「後ろに良いバッターがいるので、自分が良い活躍ができれば、チームにとっても良いと思う。
さらにチームが勝つことで、(つなぎ役の)僕らも評価されると思う」

左胸に光る『C』の文字。
今後、この文字が輝きを増していくに違いないと感じた夜でした。

写真や全文はモバイルサイトでご覧いただけます。

モバイルサイト

モバイルサイトについて詳しくはこちら

最近の記事