ベイスターズにとってビールとは

野球は“間”のあるスポーツです。投手がボールを投げる間、攻守交代となるイニングの間など、
私たちは試合が動いていない時間も含めて野球観戦を楽しんでいただきたいと考えています。
ベイスターズが手掛けたオリジナル醸造ビールもその一つ。
一流の醸造家と共に、丹精込めて造りあげた2種類のビールを、青空の下、星空の下、
気持ちの良い浜風を感じながら、どうぞお楽しみください。

NEWS

こだわり

BAYSTARS LAGERのこだわり

ラガービールとは
下面発酵製法を用い、10℃前後の比較的低温で発酵させるビール。
低い温度でゆっくり発酵させることで、雑味がなく麦汁とホップの味が強調され、スッキリとした味わいが特徴となります。
ラベルのイメージ
乾杯シーンで飲んでもらいたい心地よい飲みごたえ
BAYSTARS LAGERは最初の一杯に合うように、すっきりとした苦みと心地よい飲みごたえが特徴です。ベイスターズの勝利を願う乾杯のシーンはぜひBAYSTARS LAGERをお選びください。その心地よい飲みごたえにきっとご納得いただけるはずです。
180年の歴史を有する、『木内酒造』
BAYSTARS LAGERを手掛けるのは、1823年茨城県に創業して以来、180年余りにわたる酒造りで培われた技と心を有する『木内酒造』。歴史あるビールブランドが造りだすその味わいは確かな信頼を備えています。
写真
ベイスターズが目指す、その“王道”を行く味わい
BAYSTARS LAGERの力強い味わいや重厚感のあるロゴデザインで大切にしていること、それは王道感であり正統感。そして、それは横浜DeNAベイスターズというチームが目指すブランドに重なります。ベイスターズという球団を背負って立つビール、それがBAYSTARS LAGERです。

BAYSTARS ALEのこだわり

ラベルのイメージ
エールビールとは
上面発酵製法を用い、常温の15℃から20℃で発酵させるビール。
発酵と酵母の働きにより、様々な香味成分が生産され、フルーティーな味が特徴となります。
アルコール度数を抑えた、女性も飲みやすいスッキリとした味わい
爽やかなホップの香りに、柑橘系の香りをプラスしたBAYSTARS ALE。エールビールならでのフルーティーさを活かし、香り豊かなビールを造りあげました。アルコール度数を抑えることで、女性でも気軽にお楽しみいただけます。
地元・関内のクラフトビールブランド
『横浜ベイブルーイング』による製造
BAYSTARS ALEを手掛けたのは、地元関内に店舗を構えるクラフトビールブランド『横浜ベイブルーイング』。看板商品の「ベイピルスナー」がチェコ最大のビール審査会「GOLD BREWER'S SEAL 2014」でアジア勢初の金賞を受賞するなど、そのビール造りは高い評価を受けています。
写真
ベイスターズ選手からの調査結果をもとに製造した、完全オリジナルビール
選手やコーチなどチーム関係者にビールの好みに関するアンケート調査を実施。色、アルコール度数、ホップの香り、苦みなどの調査結果をもとに、最適な味わいを追求したベイスターズオリジナルビールです。

販売場所

横浜スタジアム直営売店7店舗(1ゲート、2ゲート、3ゲート、4ゲート、5ゲート、ライト、レフト各売店)
※スタンド内立売販売はございません
BEER CORNER(CAFE & DINNING『VICTORY COURT(ビクトリーコート)』内
THE BAYS 1階 ブールバードカフェ『&9』
BAYSTARS LAGER
BAYSTARS ALE